先天性心臓奇形など心臓外科の第一人者 川嶋康生

 

心臓病の名医の紹介です。川嶋康生(かわしまやすなる、1930823- )は、日本の医学者、医師。国立循環器病センター名誉総長。大阪大学名誉教授。医学博士(大阪大学、1961年)。大阪府出身。


川嶋康生医師は体外循環の安全性の向上の研究を行い、先天性心臓奇形に対する川島手術など多くの新しい手術を世界に先駆けて発表するなど、日本の心臓外科医の第一人者として活躍。


川嶋康生医師の略歴

1955年(昭和30年):大阪大学医学部卒業

1961年(昭和36年):大阪大学大学院医学研究科外科系博士課程修了

1964年(昭和39年):南カリフォルニア大学留学

大阪大学医学部第一外科講師

1976年(昭和51年):大阪大学医学部第一外科助教授

1978年(昭和53年):大阪大学医学部第一外科教授(1990年(平成2年)まで)

1986年(昭和61年):大阪大学医学部附属病院院長

1990年(平成2年):国立循環器病センター病院長

1995年(平成7年) :国立循環器病センター総長(1996年(平成8年)まで)

1996年 国立循環器病センター名誉総長


川嶋康生医師のその他の役職

循環器病研究振興財団理事長

学校法人 大阪薬科大学理事


川嶋康生医師の受賞歴・叙勲歴

日本医師会医学賞(1995年)

紫綬褒章(1997年)

大阪文化賞(1999年)

文化功労者(2007年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

心拍動下冠動脈バイパス術の第1人者 江石清行

 

心臓病の名医を紹介します。江石清行(えいしきよゆき、195611- )は長崎大学医学部心臓血管外科教授、医学博士、日本胸部外科学会指導医、日本外科学会指導医。


江石清行医師は長崎市長射殺事件の際に、大学病院に搬送された長崎市長伊藤一長(当時)の緊急手術を担当したことでも有名になっています。江石清行医師は弁形成術、顕微鏡下冠動脈バイパス術、心拍動下冠動脈バイパス術、低侵襲人工心肺システム、人工弁置換術の専門家。弁形成術の日本における第一人者の一人。


江石清行医師の略歴

1956年(昭和31年) 鹿児島市で生まれる。

1974年(昭和49年) 鹿児島県立鶴丸高等学校卒業。

1982年(昭和57年) 千葉大学医学部卒業、東京女子医科大学附属日本心臓血圧研究所心臓血管外科に入局。

以後、UCLA留学、ピッツバーグ大学留学、国立循環器病センター医長、岩手医科大学循環器医療センター心臓血管外科助教授を歴任。

1999年(平成11年) 長崎大学医学部心臓血管外科教授就任。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

人工心肺を使用しない心臓手術 南淵明宏

 

心臓病の名医を紹介します。南淵明宏(なぶちあきひろ、1958- )は、心臓血管外科医で、医療法人公仁会大和成和病院病院長、心臓病センター長です。。医学博士。


奈良県出身。東京都東村山市にある明法高等学校を卒業後、奈良県立医科大学医学部に入学し、1983年に卒業。奈良県立医科大学第三外科(心臓血管外科)に入局するも、国立循環器病センターで研修を受ける。


その後南淵明宏医師は医局制度に馴染めず医局を出て、小児心臓外科で有名な佐野俊二(現岡山大学大学院教授)の勧めにより、オーストラリア・シドニーにあるセント・ビンセント病院で心臓血管外科の修行を積む。


その後、南淵明宏医師はシンガポール大学病院・新東京病院・湘南鎌倉総合病院で勤務し、19969月に神奈川県大和市にある大和成和病院に心臓病センターを開設する。心拍動下冠動脈バイパス手術症例が多い。人工心肺を使用しない心臓手術は、人工心肺による合併症の危険を伴う患者にとっては安全な手術のできる手術であるが、優れた手術器具の開発によるところが多い。


人工心肺を使用しない心臓手術は現在多くの医療機関で実施されている(人工心肺を使用しない冠動脈バイパス手術は日本では特殊な例を除いて行っている医師は皆無だった。19966月の時点で、海外では単独術者で、1000例以上を越えていたが、この年にミネアポリスで、第一回目の研究会があり、日本全国でも一斉に導入された経緯があるが、南淵明宏医師は後発である)。


南淵明宏医師は、同手術を年間200件行っている。


また、南淵明宏医師の勤めている病院が医療過誤により死亡した元患者の遺族に協力したため自分を解雇した等と雑誌やテレビで発言したため、病院から名誉毀損で訴えられている。


判決では、南淵明宏医師が無断で他の病院でアルバイトをしたり、ベンツの供与を受けていることが発覚したために退職を求められ、本人もこれを了承して退職したと認定し、勤務医の発言は真実ではなく、真実と信じるについて相当の理由もないとして名誉毀損の成立を認められている(損害賠償請求事件 横浜地裁 平成13年(ワ)961号)。


『ブラックジャックによろしく』に出てくる心臓外科医北三郎のモデルになった医師。同書の医療監修も勤めた。また、多数の一般向け著書を発表しており、著書やテレビ出演が多く、最も知名度が高い外科医の一人である。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』